有効期限

株式会社IPSコスメティックスの商品はやっぱりすごい IPSコスメティックスのスキンケア商品の有効期限は3年だと言います。

また、基本的には製造から3年の中では安心して利用する事が
出来るようになっています。
また、普段IPSコスメティックスの製品を利用している場合でも、毎日のように利用をしていけば3年以内には十分使いきりますが、それでも保管状態を悪くしていれば
IPSコスメティックスが推奨する有効期限よりも短くなりますので注意を要します。

例えば、高温になるような日当たりのある場所に置いてあるとか、
湿気を帯びやすい場所に置いてあると、どうしても品質に
劣化が起きる事になります。

IPSコスメティックスのアニオンエアそのため、保管を行う場合は、高温多湿、温度変化の激しい場所に置いておく事は控えるべきです。
また、直射日光が当たる場所に置く事もNGとなります。

尚、スキンケア商品などの説明書によく記載されている事ではありますが、
小さな子供が手の届く場所に置く事も控えなくてはなりません。

化粧品の正しい保管方法|開封したら使用期限は?

化粧品にも使用期限があり、開封前は一般的に製造日から3年以内といわれています。

しかし、医薬品医療機器等法により性状や品質が安定しているものは
期限を表示しなくてもよいことになっているため、製造日は表記されていないものも多くあります。

保存状態などにもよりますが、開封後は3ヶ月~6ヶ月以内に使い切ることが望ましいです。
化粧品も空気に触れることで徐々に酸化し劣化することで、肌トラブルを引き起こしかねないからです。

使用期限を守ると同時に、保管場所にも注意が必要です。
温度変化や湿気が少なく、直射日光が当たらない場所で保管するようにします。
そうすることでより良い状態のうちに使い切ることができます。

他にも、クリームやジャータイプの化粧品は直接触れる使い方をしていると
雑菌が入りやすいため、使う分だけをスパチュラですくって使用したり、
蓋をきちんと閉めて酸化を防止するなどのちょっとした工夫も大切です。

保管方法を守り期限内に使用することで、きちんとした効果が得られます。

IPSコスメティックスの製品

ピュレットラブ_サプリメント
また、IPSコスメティックスにはスキンケア商品以外にも、ヘアケア商品やサプリメントなどの商品もあります。
いずれの商品についても有効期限と言うものが設けられていますが、これらについても
スキンケア商品と同じく正しい保管を行う事が大切なのです。

IPSコスメティックスの化粧品は、食品と同じように太陽光などにはご注意ください。
安全な成分で構成されているIPSコスメティックスだからこそ、取扱いもデリケートに扱いたいものです。

化粧品の容器に義務付けられている表示項目7つ

何気なく化粧品を使用する人は非常に多く、パッケージの表示を確認せずに使う人は少なくありません。

実は医薬品医療機器等法の第61条で化粧品の容器に表示すべき項目が決められています。
日本で製造や販売を行っている製品はこれがなければ販売することができず、
反対にこの表示があるからこそ安心して化粧品を購入したり使ったりすることができるでしょう。

第一号としては「製造販売業者の氏名又は名称及び住所」の表記が義務付けられています。

個人で許可を受けた場合は個人名、法人で許可を受けた場合は法人名を記載する必要があるでしょう。
住所は総括製造販売責任者が業務を行う事務所の所在地を記載する必要があります。

第二号では「名称」、第三号では「製造番号又は製造記号」を記載するように決められており、
名称は製造販売届書に記載したものが書かれると知っておきましょう。

第四号は「成分の名称」であり、これをチェックする人は多いはずです。
原則、配合されているものは全て記載しなければならないので、その化粧品に含まれている
全ての成分を知ることができます。

第五号では「使用の期限」の記載が命じられており、特定の物質が含まれるものや
特定の条件がある場合は必ず記載する必要があるものです。

第六号は「医薬品医療機器等法第42条第2項の規定によって定められた記載するべき事項」、
第7号では「外国特例承認取得者等の氏名等」を表示するように決められています。

細かいルールがたくさんあることが分かるはずですが、実はこれ以外にも詳細なルールが
設定されており、そのルールも守らなければなりません。たとえば、成分の表示法は
邦文名で記入しなければならない、混合原料は混合成分ごと記載するなどをはじめとして、
たくさんの細かなルールが決められています。

ここまで厳格な決まりを設ける必要はないと思うかもしれませんが、この表示があるおかげで
安心して化粧品を使うことができるでしょう。肌が弱い人やアレルギーがある人は
特定の成分が入っていれば避けなければなりませんし、劣化しやすいものの期限が
記載されていなければ知らないまま使って肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

義務付けられている表示項目はどれも大切なものばかりなので、化粧品を購入するときは
どのような内容が書かれているのかチェックしてみるようにしてください。

珍しい成分が入っている、想像以上に使用期限が短かったなどの新たな発見があるはずです。

化粧品の効能は表現できる範囲が限定されている

化粧品のパッケージやラベルに表示できる内容は細かく決められていますが、
パッケージやラベルだけではなく宣伝や広告で使用できる言い回しも制限されています。

テレビCMや公式ホームページ、雑誌やインターネットの広告など、あらゆる場所で行われている宣伝は
細かなルールをクリアした上で行われているというわけです。

特に効能についての制限は厳しく、少しでも大げさな文言があれば取り締まりの対象となります。

薬事法第66条、医薬品等適正広告基準によって制限がかけられているのですが、
前者では虚偽や誇大な広告、効果について医師などが保証したと誤解させる広告、
堕胎を暗示させたりわいせつにあたる文書や図の使用が禁止です。

後者でも過量消費や乱用助長を促す広告、品位を保持していない広告などをはじめとする
様々なものが禁止となっています。このような制限を受けた結果、化粧品の効果を記す際には
制限された範囲の中で記載を行う必要があるというわけです。

肌や皮膚であれば「肌のキメを整える」「肌を滑らかにする」「芳香を与える」などの
表記をするように命じられていますし、口唇であれば「口唇にうるおいを与える」
「口唇をすこやかにする」などの書き方をしなければなりません。

爪の場合は「爪を保護する」「爪をすこやかに保つ」などの書き方が認められており、
爪でも決められた言い回しを守る必要があるというわけです。

あらゆる部分で書き方が決められており、定められている書き方をしなければ
取り締まりの対象となってしまいます。化粧品を見ていると同じような宣伝文句ばかりだと
感じるかもしれませんが、同じような言い回しになってしまうことには
このような事情があると分かるはずです。

ワンパターンな宣伝や広告だと感じられるかもしれませんが、法で厳しく書き方が
決められているからこそ、誇大表現や虚偽に騙されて化粧品を購入してしまうことがないと
理解しておくことが大切だと言えます。

もしも、これらを守らずに効果を表記しているような化粧品があれば問題です。
きちんとルールを守らずに製造されたり販売されたりしているかもしれないので、注意しておきましょう。

化粧品の効能の表現範囲は法で厳しく決まっているので、優れた特徴があるけれど
ルール違反になってしまうからアピールできないという部分もあります。

広告や宣伝だけでは分からないこともあるので、実際に使ってみたり
口コミを参考にしてみたりすると良いでしょう。