お勧め商品

株式会社IPSコスメティックスの商品はやっぱりすごいIPSコスメティックスの人気の秘訣は、何といってもその高い品質です。
中でもお勧めの商品は美容液です。

肌を「清める」と「活かす」といったシンプルなコンセプトを
追求したその美容液はアンチエイジングにも効果が高いと人気です。

そんな美容液は昼用と夜用の2種類があります。
昼用は、日中の紫外線や大気汚染など、避ける事が出来ない
ダメージから肌を守ってくれる働きがあります。日中のダメージから守る

大気汚染とは?体や肌へのダメージなどの悪影響にも!

大気汚染は全国共通の深刻な問題です。
日本では19世紀終盤からだんだんと大気汚染が始まっていき、
最近では中国におけるPM2.5や41275などによる深刻な大気汚染の発生を受けて
大陸の大気汚染が影響して日本のPM2.5濃度を上昇し、
健康に影響を及ぼすのではないかと心配されています。高品質なコスメIPSコスメティックスでスキンケア

空気が汚れていくだけではなく人体への影響もあり、汚い物質が
気管支や肺の奥にも入りやすく呼吸器疾患だけでなく肺がんなどを引き起こす可能性があります。

お肌への影響は、シミやシワやたるみなどの肌老化が進むことです。
大気汚染物質から肌を守るためには、優しく丁寧な洗顔を心がけて
外出時にはベースメイクを塗るように心がけるといいでしょう。

保湿を重視したスキンケアを心がけて、お肌のバリア機能を低下させないことが大切です。
日頃から少しでも気にしていくことでお肌を守ることができますので、
環境ストレスに負けないお肌を手に入れていきましょう。


ダメージから肌を守る

夜用は、そんな日中に受けたダメージを、寝ている間に補修しそして、朝にはハリと弾力を
取り戻した肌へと導いてくれます。

どちらも使用方法は、洗顔後に肌に馴染ませるだけという、とてもシンプルなものです。

寝ている間にケアしてくれる肌の気になる部分には少し余分につける事で、より高い効果を実感する事ができます。
そして、昼用も夜用も、とても高い保湿力を保ち、乾燥肌の改善にも最適です。

そんなIPSコスメティックスの美容液は、植物抽出成分を独自ブレンドして配合して
いるのも特徴です。

IPSコスメティックスの美容液の値段は少し高いと感じるかもしれませんが、
成分やその高い効果を考えると、高いとは言い切れません。
透明感のある美しい素肌を目指したい人にはお勧めの美容液です。

安心の成分を厳選して使用した化粧品は安全面にも考慮された化粧品です。
確かな効果の他にも安心して使えるとなると、価格にもうなずけます。

 

医薬品と化粧品の違いを確認!薬機法上のルールは?

ドラッグストアや薬局の店頭で目に出来る化粧水や乳液などは、化粧品といわれるカテゴリーに
分類されるのは御承知の通りです。

皮膚に塗る点では共通していますが、医薬品というカテゴリーも存在しています。
医薬品と化粧品を分類する実益は法律上の違いを認識することで、使用目的に応じて安全に使い
分けることが可能になることです。

それでは医薬品と化粧品の違いはどこにあるのでしょうか。
医薬品と化粧品、両者を明確に定義しそれぞれの取り扱いの違いを冷めているのが、
薬機法という法律になります。

医薬品と化粧品

正式名を医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律と言いますが、
この法律によると医薬品とは、病気の診断・治療・予防の目的で投与されるものとされています。

これに対して化粧品とは、人体を清潔にし、魅力を増し容貌を良くするため、または皮膚や毛髪の
すこやかに維持するために使用され人体への影響が穏やかなものと規定されています。

厳密な規定ですが、病気治療目的で作用が強い成分を含むのが医薬品で、外見を浴することを
主目的に作用もマイルドな成分を含むのが化粧品、という一般的な認識に近いといえるでしょう。

このように法律の規定を参照すると、医薬品と化粧品は明確に峻別することができるように
思えますが、どちらのカテゴリーに分類されるのか曖昧な部類も存在し、現にドラッグストア
などの店頭やECサイトでも目にすることが出来ます。

医薬品と化粧品の境界線上に位置するものとして有名なのは、医薬部外品というグループです。

医薬部外品とは吐き気その他の不快感の防止や口臭・体臭の防止・脱毛の防止や育毛や除毛、
人の保護のための害虫類の駆除目的で使用する等、4種類が規定されています。

医薬品と異なり医師の処方箋は必要なく、ドラッグストアで普通に購入することが出来ます。
人体に対する作用では医薬品と化粧品の中間に位置し、消費者にとってみると誤解を抱く可能性があります。

このような特性を意識して、通常の化粧品と区別するために薬用化粧品などのカテゴリーで
販売されていることもあります。

医薬品ほどではありませんが、化粧品よりは人体への作用が強いので、用法用量を順守して使用
するのがポイントです。

ただし自分が直面している肌トラブルなど、美容上の問題点を正しく認識して、最適の薬用化粧品を
選択することができれば、通常の化粧品とは違って嬉しい変化を実感できるはずです。

 

医師の処方箋が必要な栄養補助食品はあるの?

健康を維持するためや美容上の目的でサプリメントを摂取している方、あるいは既に購入を検討している方は
少なくないでしょう。

サプリメントとは栄養補助食品のことで、様々な変化をもたらすものと想定される各種の成分を配合して
いるのが特徴です。

サプリメントと一口に言っても、錠剤やカプセルなどの剤形をしていて薬に近い感覚で摂取するものから、
粉末タイプで調味料やドリンクに近い感覚で服用するものなど多彩なバリエーションがあります。

人気の高いビタミンやミネラル系のサプリメントになると、ビタミン剤という薬との境界も曖昧に
なってきます。薬とサプリメントどのような違いがあるのかが問題になります。

薬との違い

まず医薬品を前提にすると基本的に医師の処方箋が無い限り、処方薬局に足を運んでも
購入することはできません。

これに対してサプリメントはあくまで栄養補助「食品」なので別段書類を用意したり、
薬剤師の説明などの手間を経ることなく購入することが出来ます。

形状が類似しているサプリメントなどが販売されていることもあり、両者はしばしば混同されがちですが、
食品であるか否かが大きな分岐点になるわけです。

そのため薬とサプリメントでは摂取するシーンも異なれば、目的も大きく違います。
薬はあくまで何らかの病気になったときに、症状を緩和するなどの目的で投与されます。

販売に至るまでには厳密な臨床試験で安全性と効果を照明する必要があり、効果が強い反面
副作用のリスクがあります。加えて効能や効果を説明書などで謳うことが法律で認められています。

これに対してサプリメントはあくまで不足している栄養素などを補給することで、結果的に
身体の機能が回復したり免疫力の向上に寄与する可能性はありますが、エビデンスに基づき
厳密にテストされているわけではありません。

即効性はなく通常は数ヶ月単位で服用することを前提にしています。
そしてあくまで食品の位置づけなので、効果効能を記載することは出来ませんが、
極端な摂取方法を選択しないかぎり副作用のリスクもありません。

このようにサプリメントには健康や美容を増進し、結果的に生活習慣病の罹患リスクなどが下がる
ことはありますが、薬ではないので特定の効能を有しているわけではないわけです。

もっともサプリメントには通常の食材ではなかなか摂取できない栄養素を気軽に補給できる
メリットがあります。

薬とサプリメント、それぞれの特徴と用途を正しく認識すれば、よりすこやかで快適な生活を
実感できるのではないでしょうか。