人気のコスメをご紹介します

IPSコスメティックスについて

IPSで美しく株式会社IPSコスメティックスとはコンセプトに拘ったコスメティックを
多く展開するコスメブランドでもあるのです。

自然の再生力を最大限に活かしつつ、肌に優しくダメージの少ないコスメを展開しています。そのため敏感肌、乾燥肌、酸化や糖化が進んだお肌の人も非常に安心して使用することができるようになっているのです。

IPSコスメティックスの美容液や固形洗顔石鹸などは、使用感がソフトであり、
肌馴染みが良く、自然の再生力を導き出してくれます。

そのためアンチエイジングや、若返りといった効果も期待できるコスメティックラインになっているのです。

IPSコスメティックスのシャンプーは、高品質で上質な素材を使用している

肌の糖化とAGEs(終末糖化産物)の関係…体内で増やさないためには

誰にでも必ず起こる老化ですが、何をどう食べるかによって進行具合が変わってきます。
注意すべきは、肌や骨等の老化の原因となるAGEs(終末糖化産物)を増やさないことです。

AGEsはたんぱく質に糖が結合して劣化する糖化反応で、これが体内に増えると
肌・骨・血管等の老化が進みやすくなるのです。

また、AGEsは糖尿病のように血糖値の高い状態が続く疾患だけでなく、
正常な血糖値の場合でも加齢と共に様々なたんぱく質の糖化反応が
進んでしまうことが判明しています。

AGEsが溜まる主なルートは、体内のたんぱく質が糖化するケースと、
食事で摂取したものが体内に蓄積するパターンの二つがあります。

食品の中では肉・バター・一部の野菜に含まれていて、調理する際に揚げる・
ローストする・焼く等の水を使用しない調理法で大きく増加します。

それに対して、茹でる・煮る・蒸すといった調理法の場合は、あまり増加しません。

そして、1997年の研究では、卵白に砂糖を加えて加熱することにより
AGEsが200倍にまで増えることが判明しました。

特にたんぱく質は血糖値が高い状態が続くと糖化しやすいという特性がある為、
血糖値が上昇しないように注意して、たんぱく質の糖化を未然に防ぐことが重要となります。

一通り揃えられるIPSコスメティックス

IPSコスメティックスのコスメラインは、非常にシンプルケアで、幾つも乳液や
化粧水など使う必要がなく、簡単で経済的なコスメでもあるのです。

IPSコスメティックスの提案する夜用、日中用美容液で充分アンチエイジングが可能なのです。
またIPSコスメティックスはヘアケアラインも豊富に品揃えされています。

頭皮や髪のアンチエイジングが実現できるシャンプーやトリートメントはなかなか
販売されていませんが、IPSコスメのヘアケアラインでは紫外線ダメージを補修し、
保護し髪と頭皮のアンチエイジングが可能なのです。

シリーズで揃えるまたIPSコスメはヘルスケア部門にも力を注いでおり、シリーズで揃えれば
健康と美容を両面をケアすることができるのです。

美容と健康も同時に管理できれば良いですね。
どちらも同時に注文できれば時間も短縮できて嬉しいものです。

IPSコスメティックスではビュレットワン・ビュレットバイタル・ビュレットビュティーの3種のサプリメントがあります。

 

健康食品は3種類!特徴の違いと活用方法

健康志向と美容志向が高まっていると言われている時代ですが、そんな中化粧品だけではなく内側からも
老化を防いだり栄養を補助したりと、様々な目的で使われているサプリメントなどが有ります。

普段の食事ではなかなか十分な栄養をバランスよく摂取することができないという方は多いですし、
不規則な生活習慣の中で、いかに効率よく摂取するかを考えた時に、上手く使っていく事が大事です。

サプリメント

保健機能食品といわれるものは、大きく分けると3種類あります。

まず第一に挙げられる機能性表示食品は、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品の事を指します。
消費者庁長官の個別の許可を受けたものではないという注意は有りますが、効果に関して歌われている安心感で
利用することができます。

ダイエット食品などもこれに含まれていることが多いです。特定保健用食品はいわゆるトクホといわれるものですが、
食品の持つ特定の保健の用途を表示して販売される食品を指します。

許可マークがついているので非常にわかりやすいですが、特定の成分が配合される事で得られる効果も記載されて
いますので、目的に応じて使っていく事ができます。

栄養機能食品は主にビタミンやミネラルの補給の目的に作られている、サプリメントやドリンクなどを指します。
一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が、定められた上・下限値の範囲内にある必要があります。

注意喚起なども記載しなければならないと決められています。
健康食品といっても、こういった分け方がされていますので、上手く目的や求める効果に合わせて利用していくと
良いでしょう。口コミなども参考になりますし、薬ではないという点で副作用のリスクは少ないと考えられています。

 

健康食品と薬を併用する際の注意点

医師に確認健康食品は基本的には薬とは異なり、栄養を補助したり特定の成分が配合されている事で効果が期待できるものです。
食品という位置づけになりますので、あまり副作用についても記載されていないですし特に気にせず使っている方も
多いかもしれません。

しかし中には服用中のものと併用する事で、思いもしない副作用が出てしまう事も有ります。
例えばアレルギーなどもそうですが、件数としては少ないかもしれませんが、ごくまれであってもその症状が出てしまう
という場合もあります。

注意書きなどをきちんと読んでから使うようにしなければなりません。
単なる食品であっても、アレルギーの症状が出てしまう方がいるぐらいですから、服用中のものとの相性が
悪い事で悪化させてしまうという事も十分にあり得ます。

もし不安な方は医師に相談をして、OKをもらってから使うようにすると安心です。
副作用であったり注意事項のところに記載されていても、素人さんですといまいちピンとこないこともあるでしょうし、
医師に確認をしてから使う方が安心です。

もちろんそういった副作用が出てしまうのは、本当に稀ですので普通の方であれば使用量を守れば問題なく
使えることがほとんどです。

日本処方のものと、海外処方のものがあり日本国内で認められているものしか購入できないことになっています。
しかし個人輸入という手段を使うと、海外サプリメントなども今は簡単に手に入れられる時代です。

日本人に合わせて作られた安心のものと、海外規格のものですとやはり有効となっている成分の量も種類も
異なる場合があります。

口コミで効果があったと多数寄せら得ていたとしても、使用は自己責任になりますので注意も必要です。

最新投稿

  • IPSの商品

    通販での出店

    多くの商品が選べる楽天市場ですが、IPSコスメティックスに限っては公式には販売をしていません。その理由は …

    続きを読む...

  • IPSの化粧品

    IPSの基礎化粧品

    IPSコスメティックスはネットワークビジネス業界を牽引する高品質の化粧品を販売しており、特定商取引法第33条 …

    続きを読む...

  • 夜の時間

    夜のケアに最適

    株式会社IPSコスメティックスのipsモイストナイトには、夜保湿に最適です。どんな成分が含まれているか …

    続きを読む...

  • IPSのサプリメント

    レモンバーベナとは

    ipsコスメティックスのサプリメントに配合されているレモンバーベナとは、葉っぱからレモンの …

    続きを読む...