ipsコスメティックスで夏場の紫外線対策をしよう!

株式会社IPSコスメティックスの商品はやっぱりすごい日差しの強い夏はUV対策が重要

気温が高くなる夏は、薄着になることもあり開放感のある季節です。
晴れ渡った青空のもとで、海や山などのレジャーに出かけるという人も
多いでしょう。

夏場は楽しみが多くある半面、肌への影響が気になってしまうという人は
少なくありません。

カルシウムの吸収を良くして骨を強くする効果のあるビタミンDを生成したり、セロトニンの分泌を
増やして気分の安定ややる気のアップにも役立つため、紫外線は悪者というわけではありませんが、
お肌への影響は気を付けた方が良いでしょう。

そのようなときには、ipsコスメティックスのアイテムを取り入れてUV対策をすることをおすすめします。

UVAは日光を浴びた後に肌を黒くするという特徴があり、雲や窓ガラスすら透過させてしまいます。

室内や車内にいても窓辺で日に当たっていると日焼けしてしまうという経験をしたことがある人も多いでしょう。
これはUVAの影響を受けているということを意味しています。

紫外線

肌の奥まで届き、シミやたるみなどの原因になることもあります。

一方UVBは肌の表面に影響を与えるのが特徴です。

強い日光を長時間浴びた後に、肌が赤く炎症を起こしたことがある人は少なくありません。
これはUVBの影響によるものです。

UVBはメラニンを増やすという特徴もあるので、これを長時間浴びているとシミやそばかすが増えることになります。
UVAやUVBはそれぞれ特徴の違いがありますが、大量どちらもに浴び続けると肌の老化に繋がってしまいます。

そのためipsコスメティックスのUV対策アイテムを取り入れたケアをしておくことがおすすめです。

もちろん日差しが強くなるためにUVの影響が強まるのが夏ですが、実はその他の季節も日光による肌への
影響があります。

そのため夏だけのケアでは十分であるとは言えません。
たとえば春の終わり頃やゴールデンウィークの頃は、快晴が続くことが多くUVの量も多くなります。

そのような中で無防備な姿で屋外での活動をおこなっているのは、お肌を知らず知らず老化させてしまうことに
繋がっています。

そのため年間を通して、それぞれの季節に合ったケアをおこなうことが理想的です。
そうは言ってもやはり薄着になり、屋外でのレジャーの機会も増える夏は、お肌のシミやシワ、
弛みを予防するためにしっかりと対策をしておくことが大切です。

ipsコスメティックスのUV対策用製品を取り入れて、お肌を光老化から守りましょう。

 

夏のUV対策の方法とは

uv対策海をはじめとした屋外のレジャーの楽しみが増える夏場は、紫外線が怖いからと
言って引きこもってばかりでは勿体ないです。美しい海や空、自然いっぱいの
山などに滞在する機会があれば、ぜひ満喫したいものです。

そのためIPSコスメティックスのUVケア向けの製品をとりいれるなどの対策をしっかりと
して、せっかくの屋外でのレジャーに適した季節を楽しむことをおすすめします。

しかし具体的に、どのようにして対策をすればよいのか良く分からないという人も
いるかも知れません。

日光を浴びないよう部屋の中で過ごし屋外へ出ないということでは、レジャーの機会を
逃してしまうことになるからです。

とはいえやはり、できるだけUVの影響を避けるような工夫が必要となります。

IPSコスメティックスのUV防止用化粧品を使用するというのも、その1つの方法です。
また、つばが広く日の光を遮りやすい帽子をかぶることもおすすめです。

もちろん帽子でなくても、日傘を使用することも役に立ちます。さらに長袖を着るという方法でも、肌を
直接UVにさらさないということが可能になります。

そうは言っても気温が高い夏に長袖を着るのはきつい、と思う人は多いでしょう。

また帽子や日傘で頭上からの日光を遮ることができたとしても、白い砂浜や道路の照り返しなどがあります。
地上から反射されて肌へ届くUVの存在も忘れてはならないのです。

そのため帽子や日傘だけでは、日焼けや肌老化を防ぐのは十分ではありません。
UV防止用の化粧品を併用することをおすすめします。

IPSコスメティックスのUVプロテクションクリームは、肌の老化に繋がるUVから肌を守る効果があるクリームです。
2種類のサンスクリーン剤が入っているのが特徴です。

SPF50+、PA++++という強力さで夏の強いUVが気になるときでも安心感があります。
「SPF50+」というのはUVBを防ぐ効果を意味していて、現在のところ日本国内で最も高い効果があるランクは
このSPF50+です。

また「PA++++」のPAは「Protection Grade of UVA」のことで、UVAを防ぐ効果の指標です。

かつてはPA+++までしかありませんでしたが、現在ではPA++++に増えています。
こちらもUVAを防ぐ効果は国内で最高クラスであることを意味しています。

お肌にむらなく伸ばして使用しますが、汗をかいた後には塗り直しをすると効果的です。