マット肌に仕上げる

株式会社IPSコスメティックスの商品はやっぱりすごい化粧下地はメイクアップを行う上で大切な作業であり、
適切なコスメティックスを選択することが大切になります。

近年、下地にはマット肌を実現するコスメティックスが
各化粧品メーカーから多数開発・販売されています。

陶器のようなツルッとした質感を実現することが出来るので、
ファンデーションやアイシャドウなどのメーキャップ化粧品を
使った時にムラの無い完成度の高いメイクを行うことが可能です。乾燥肌についてはこちら

IPSコスメティックスのシャンプーは、高品質で上質な素材を使用している

ベースメイクの基本!ファンデーションの役割と歴史

女性は化粧をする機会も多く、特に若い人は人前に出たり仕事柄毎日ファンデーションを
使う女性が大部分を占めています。

パウダリーファンデーションの歴史は1970年代から始まり、外国から伝わり女性の間でも
化粧が一般的になりました。

外資系ブランドが昔は大部分を占めていましたが、最近は日本でもパウダリーファンデーションが
各ブランドから発売されるようになりました。

液体のファンデーションを塗ったあとにパウダーを塗ることで肌の質感も良くなり、
ファンデーションのもちもよくなります。

肌に透明感がでて化粧崩れも防ぐ効果があります。
役割として、パウダーを塗ることで肌を綺麗に見せてくれて、ファンデーションが
崩れないように防いでくれます。

汗をかいた時のテカリを防止してくれて、くすみやしみも目立たなくしてくれます。

パウダーが流行するようになり女性の肌がきれいに見えるようになり、化粧の仕方も
変わってきた歴史もあります。外資系ブランドの流行も続いています。


化粧下地と合わせて有効に使う

また、化粧下地は目のくまやシミなどを隠したり、
ファンデーションや頬紅などの付きが良くなるように
する用途にもよく使われます。ipsのスキンケアラインナップ

口紅などをする前に部分的に使用する特定用途向けの
コスメティックスも存在しています。

メイクをクレンジング剤で落とし、洗顔を行なってから
化粧水やローションなどを塗布して乳液やクリームで肌を
引き締める作業・化粧品のことを化粧下地と呼ぶこともよくあります。

コスメティックスには、用途によって使用する順番が変わり
効果も変わってくるので、化粧品の用途・成分・効果を把握
することが大切です。

特に洗顔時は、メイクが肌に残らないようにしっかり確認する必要があります。
いつもメイクがしっかり落ち切らないのであれば、クレンジングまたは洗顔料が
肌に合っていないのかもしれません。

メイクをしっかり落としながら肌のダメージをケアしてくれる洗顔料としては
IPSコスメティックスの化粧石鹸が人気です。

固形石鹸であるため泡立てには少々時間がかかるかもしれませんが
泡立てネットを使えばクリーミーな泡が簡単に作れます。シンプルステップだから続く

美容のための成分もしっかり配合されており、
どんな肌質の方にもお使い頂けるようになって
いるIPSコスメティックスの化粧石鹸をぜひ
試してみて下さい。

 

 

BBクリームは何の略?歴史とファンデーションとの違い

肌に優しく負担の少ないBBクリームは、スキンケアを気にする女性に安定した人気を集めています。

BBクリームのBBとはblemish balmの略で、blemishとは傷、balmとは安らぎを意味する英語です。
もともとは、ドイツのミセスダブカスが、1960年代に皮膚治療をした患者の肌の保護用クリームと
して開発しました。

肌を保護しながらピーリングなどの跡を目立たなくしてくれるため、治療目的以外にも広く使われる
ようになりました。また、含まれる成分や機能も追加されたり、それぞれの国の女性の肌にあう色の
クリームも開発されるようになりました。

日本では1985年に紹介されましたが、特に注目されるようになったのは2000年代に入ってからです。

元々は韓国の芸能人が使用していて、日本でもテレビで紹介されるようになりました。

BBクリームは肌のカバー力があり、肌の肌理を整えて表面をつるんと滑らかに見せるため、
いわゆる陶器肌作りに向いています。

その理由は、BBクリームは時間が経つとともに肌に馴染んで調和する機能を備えているためです。

BBクリーム

また、BBクリームは肌をケアするミネラルやヒアルロン酸、ビタミンCなども含んでいて肌ケアも
行ってくれます。

そのため、下地を使う必要がなくささっと塗るだけでメイクが完成するのも人気に拍車をかけました。
安くて手に入りやすい商品から、多機能の製品までさまざまなものが販売されています。

ファンデーションと異なるのは、その機能性です。
ファンデーションは皮脂を抑えたり、肌の色味を補正する下地を塗る必要があります。

その分、長時間にわたって肌をしっかりとカバーしてくれます。
ですが、BBクリームは下地としても使えるので、下地を塗る必要がありません。

また、時間が経つほど肌と馴染む作用がるので、キープ力に優れています。
さらに、日焼け止め効果があるにもかかわらず、石鹸で落とせることも人気の理由です。

そのため、ファンデーションと異なりメイク落としにクレンジング剤を使う必要がありません。
クレンジングによる負担を感じている人にもお勧めです。

BBクリームを選ぶポイントは、自分の肌色や肌質に合うか見極めることです。

使いこなせるようになると、朝のメイクが時短できるだけでなく、スキンケアを行いながら
メイクすることができるようになります。

BBクリームを活用して、肌への負担を気にすることなく美肌作りを目指してみてはいかがでしょうか。

ファンデーションの種類

CCクリームって何?BBクリーム、DDクリームとの違い

CCクリームはBBクリームと同じく、肌に負担をかけずベースメイクをしたい女性に
人気を集めています。

CCクリームのCCとはColor Controlの略で、文字通り肌の色を補正する機能を有しています。
ただしもともとはBBクリームと同系統の商品のために、同じ特徴があります。

具体的には、肌に負担をかけず、スキンケアも行えるミネラル成分やヒアルロン酸などが
配合されていて、化粧下地を使用する必要がありません。

また、肌の表面を整えてツヤを出す効果も発揮してくれます。

BBクリームとCCクリームの違いは、肌色補正機能です。
CCクリームは製品によって青やピンクのものがあり、気になる肌の色を馴染んでカバー
してくれる効果が期待されます。

また、ナチュラルに肌に馴染むので厚塗感を避けたい方にも人気です。
肌のくすみが気になる方は、青や緑がベースのCCクリームが肌の透明感を出すのにお勧めです。

逆に、血色感が無い肌にはピンクをベースにした製品が人気です。
気になるポイントには、コンシーラーのように重ね付けすると綺麗に仕上がります。

石鹸だけで落とせる製品も多いので、クレンジングの負担が気になる方にもお勧めです。

オールインワンタイプのベースメイクとして、DDクリームも注目されるようになりました。
DDとはDaily Defenceの略で、特に日焼け止めに効果を発揮します。

その理由は、DDクリームはエイジングケアに特化しているため、老化に繋がる紫外線は大敵だからです。

また、エイジングケア成分が含まれている製品が多いのも特徴です。
その分、CCクリームよりもやや質感が重く、ややもったりとしている場合もあります。

商品によっては石鹸ではなく、クレンジングが必要な場合もあります。
ですが、ファンデーションの下地に使えるなど、カバー力の点で優れているのも特徴です。

CCクリーム、BBクリーム、DDクリームはそれぞれ異なる特徴と魅力を持っています。

ファンデーションよりも軽く、普段使いだけでなくしっかりとメイクする場合にも
使われるようになりました。

また、製品によって含まれる成分が異なるので、自分の肌にあった物を選ぶ必要があります。

スキンケアをしながら陶器肌を目指すにはBBクリーム、ナチュラルに肌色を補正したいなら
CCクリーム、エイジングしつつ肌をカバーするならDDクリームとざっくりと分けることができます。

この違いを目安に、ぴったりの製品を探してみてください。